荻野目洋子、狩人、E-girls、chay、岩佐美咲らが熱唱!西城秀樹を偲ぶ

また先週に続いて、『うたコン』観覧ハガキが当選したので、渋谷のNHKホールにやって来ました。

今日は湿度が低いせいか、先週よりも暑さが和らいで、過ごしやすい天候でした。

今日のNHKホールへの到着は、先週と同じくらいで17時過ぎにでした。思ったよりも行列は少ない感じで、並ぶ時に当選ハガキのチェックがなされる、NHKホール建物横沿いに伸びた列に並びました。

そして、18時15分になりNHKホールへの入場が開始しました。しばらくして、行列が動き始め、受付までやってきました。

観覧当選ハガキを出し、座席番号の入った入場整理券をもらいました。座席を確認すると先週に引き続き2階席!しかも先週と同じような座席位置で左ブロックで、前から9列目でした。

先週は2階席の左ブロック7列目で、今週も同じような位置だったので少しガッカリでした。

スポンサーリンク

うたコンのテーマ「わが心の東京メロディー」

今日の『うたコン』、テーマは「わが心の東京メロディー」。オープニングは、出演者全員による「東京ラプソディー」、続いて三山ひろしさんの「有楽町で逢いましょう」、西田あいさんと杜このみさんの「下町の太陽」、chayさんの「東京」、E-girlsの「TOKIO」、福田こうへいさんと細川たかしさんの「東京五輪音頭」とメドレーで一気に歌われました。


chayさんが歌われた「東京」、マイペースが歌われていましたが、この曲を聞くと、歌詞を含め、とにかく懐かしい感じがいいですね。

E-girlsの歌われた「TOKIO」、「TOKIO」といえば印象的だった沢田研二さんの衣装が思い出されます。

歓談の後、ロス・プリモスと三山ひろしさんが「たそがれの銀座」を歌われましたが、印象に残るテンポがいいですね。

長山洋子さんが歌われた「紅とんぼ」、ちあきなおみさんが歌われていた曲ですが、語りかけるように歌われていた ちあきなおみさんの声が思い出されます。


荻野目洋子さんの「六本木純情派」、バブルの頃の歌といえばこの歌といわれるほど代表的な曲ですね。

狩人の「あずさ2号」、男性デュエットといえば、やっぱり狩人が頭に浮かびます。

E-girlsの歌われた「Y.M.C.A.」、先日亡くなられた西城秀樹さんの歌唱曲ですが、曲を聞くたびに、西城秀樹さんの独特の良い歌声が思い出されます。まだ63歳という年齢を考えると、やっぱり早すぎます。


番組終盤は、今年発売された曲ということで、 岩佐美咲さんの「佐渡の鬼太鼓」、福田こうへいさんの「天竜流し」と続きました。


今日もいろいろなジャンルの曲を堪能できました。

今日の『うたコン』の「わが心の東京メロディー」、出演者及び曲目は以下の通りでした。

「東京ラプソディー」- 出演者全員
「有楽町で逢いましょう」- 三山ひろし
「下町の太陽」- 西田あい・杜このみ
「東京」- chay
「TOKIO」- E-girls
「東京五輪音頭」- 福田こうへい・細川たかし
「たそがれの銀座」- ロス・プリモス・三山ひろし
「紅とんぼ」- 長山洋子
「六本木純情派」- 荻野目洋子
「あずさ2号」- 狩人
「矢切の渡し」- 細川たかし
「Y.M.C.A.」- E-girls
「佐渡の鬼太鼓」- 岩佐美咲
「天竜流し」- 福田こうへい


本番の生放送終了後のNHKホールの会場だけおまけのアンコールは、西田あいさん、杜このみさん、そして三山ひろしさんが歌われました。

歌う前にそれぞれ谷原章介さんと小郷知子さんと少しの間、歓談するのですが、内容がプライベートなことで面白く、歌手の方の知らなかった一面が分かり、興味深くていいですね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする