近藤真彦、三浦大知、AKB48、ディーン・フジオカ、純烈らが熱唱!

先月から2週間ぶりに、『うたコン』観覧ハガキが当選したので、渋谷のNHKホールにやって来ました。

NHKホールには17時40分ごろに到着しました。こちらに到着する前に表参道の欅並木のイルミネーションをチラッとみましたが、温かみのある色で綺麗でした。

もうこの時間には日も暮れて暗くなる中、列に並び、開場の時間を待ちました。


そして18時15分にホールへの入場が始まり、18時30分前ごろになると、こちらの列がゆっくりと動き出しました。少しづつ進み、NHKホール受付けまで来て、いつものように受付けで当選ハガキを出し、座席番号の入った入場整理券をもらいました。

すぐに座席を確認すると今日は2階席エクステンション ただ2階席の右側の3列目で、最前列に近い所なので、比較的見やすい席でした。

スポンサーリンク

うたコンのテーマ「今夜は無礼講!うたコン忘年会」

今日の『うたコン』、テーマは「今夜は無礼講!うたコン忘年会」。番組冒頭に紅白初出場の三浦大知さんと丘みどりさんに対して、紅白出場決定の通知がされる瞬間のVTRが流されました。

丘みどりさんは、VTR後も涙を流しており、そのままオープニングの「佐渡の夕笛」を涙ながらにを熱唱されました。その姿を見ると、こちらも胸が熱くなりました。

同じく紅白初出場の三浦大知さんも歌われましたが、歌いながらのダンス、本当に上手ですね。


続いて、うたコン初出場の近藤真彦さんが「ギンギラギンにさりげなく」を歌われました。懐かしいですね、昭和の頃の歌番組を思い出します。

またAKB48の歌われたキャンディーズの「年下の男の子」、可愛いかったですね。


次に五木ひろしさんと木の実ナナさんの歌われていた「居酒屋」を、丘みどりさんと純烈が歌われました。途中で五木ひろしさんが乱入(?)してしましたが、やっぱりいい歌ですね。

三浦大知さんが歌われた「酒と泪と男と女」。若くして亡くなられた河島英五さんの曲ですが、改めて聞くと、とにかくドラマのような詞が印象に残りますね。


そしてAKB48の「11月のアンクレット」、この曲でセンターを務める渡辺麻友さんが今月で卒業ということで残念です。また続いて歌われたディーン・フジオカさん、歌っている声がすごくいいですね。

番組終盤には、近藤真彦さんが1964年の東京オリンピック当時のヒット曲「お座敷小唄」をアレンジした曲「お座敷小唄2017」を、五木ひろしさんが2月に亡くなられた船村徹さんの追悼作品「わすれ宿」を披露しました。

今日の『うたコン』も楽しく、いろいろなジャンルの曲を堪能できました。


今日の『うたコン』の「今夜は無礼講!うたコン忘年会」、出演者及び曲目は以下の通りでした。

「佐渡の夕笛」- 丘みどり
「EXCITE」- 三浦大知
「ギンギラギンにさりげなく」- 近藤真彦
「年下の男の子」- 峯岸みなみ・渡辺麻友・横山結衣(AKB48)
「居酒屋」- 五木ひろし・丘みどり・純烈
「酒と泪と男と女」- 三浦大知
「まつり」- 出演者全員
「11月のアンクレット」- AKB48
「Let it snow!」- ディーン・フジオカ
「お座敷小唄2017」- 近藤真彦
「わすれ宿」- 五木ひろし


本番の生放送終了後のNHKホールの会場だけおまけのアンコールは、五木ひろしさん、丘みどりさん、そして純烈が歌われました。五木ひろしさんは、あまりこのアンコールでは歌われないので、新鮮でした。純烈は、紅白歌合戦に今年は出場できませんでしたが、来年出場できるように期待しています!

東京 渋谷 NHKホール前「青の洞窟 SHIBUYA」イルミネーション

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする