島袋寛子、MAZZEL、ジュンスカ、坂本冬美、二葉百合子、海援隊、市川由紀乃らが熱唱!

本日5月14日の放送分の『うたコン』の観覧に当選したので、NHKホールにやって来ました。前回の4月初めの『うたコン』の観覧に当選してから約1ヵ月以上ぶりの観覧になります。


東京は昨日、時折強風や激しい雨もある荒れた天候でしたが、今日は曇り空の時間が多かったですが、時折晴れ間もあり、湿度も高くなく、爽やかな天候になりました。

朝夕はまだ少し寒く感じますが、これから少しずつ気温が高くなっていくとのことで、暑い夏に向かっているのだと感じています。


日本は海外に比べて低い物価や円安が影響しているせいか、外国人観光客が急増していているとのこと。特に渋谷は一年前に“外国人旅行客が訪れる街”の第1位になったこともあり、NHKホールがある代々木公園や原宿を含めて、かなりの外国人旅行客を見かけます。


さてNHKホールには、今日も19時20分くらいに到着しました。本番放送が始まる前の観覧での注意事項の説明が19時40分ごろ始まるので、そのちょっと前に到着ということになりました。

新型コロナウイルス感染症が拡大して以降、当選ハガキには既に座席番号が書かれてあります。NHKホールに早く到着しても遅く到着しても座席に関係ないのは楽ですね。

今日の座席は残念ながら3階席でした。しかも3階席の20列目ということでNHKホール最後列でした。とにかくステージは遠かったです。また3階席ということもあり、空席が少し目立っていたように感じました。

スポンサーリンク

うたコンのテーマ「母に贈る歌」

今日の『うたコン』、テーマは「母に贈る歌」でした。オープニングは、二葉百合子さんと坂本冬美さんの「岸壁の母」で始まりました。「岸壁の母」は、50年以上前に二葉百合子さんがカバーされ、大ヒットとなりましたね。その後、映画やドラマにもなったのを思い出しました。あらためて聴くと楽曲に込められた思いを感じ、胸が熱くなります。

今日の二葉百合子さん、92歳とのことですが、この声量、この歌唱力、ただただ感激ですね。二葉百合子さんのすぐそばで坂本冬美さんが感極まっている姿を見て、観客の方々も涙している方も多かったです。



続いて、海援隊が「母に捧げるバラード」を、島袋寛子さんが「童神」を歌われました。

「母に捧げるバラード」は、50年以上前に発売された海援隊自身の楽曲ですね。発売当初に聴いた時は楽曲に対してそれほど感じるものが少なかったですが、年齢を重ねると、武田鉄矢さんの歌唱や歌の中の言葉が身に染みます。自分の母とイメージを重ねてしまい、厳しさの中に優しさがあった言葉がいろいろ思い起こされます。多くの人にとって、母親との情景や思いを見事に表現してる曲だと思います。

「童神」は、沖縄県の女性歌手・古謝美佐子さんの楽曲を、島袋寛子さんがカバーして発売された楽曲ですね。島袋寛子さんの穏やかで優しい歌声から、子供のことを心からいとおしく感じる気持ちが伝わってきます。楽曲を聴いていると癒され、心が落ちつきます。

次にMAZZELが「糸」を歌われました。「糸」は、中島みゆきさんの有名な楽曲ですね。歌詞が印象的で、一度聴くと記憶に残る名曲ですね。MAZZELの気持ちのこもった歌唱も良かったです。



歓談の後は、五木ひろしさんが「おふくろの子守歌」を歌われました。20年以上前に発売された五木ひろしさん自身の楽曲ですね。つんくさんが作詞・作曲を手掛けた楽曲で、紅白歌合戦で五木ひろしさんが感情を込めた歌唱をされていたのを思い出します。今日も五木ひろしさんの切ない気持ちと感謝の気持ちが伝わってくる歌唱でした。

続いて水森かおりさんが「輪島朝市」を歌われました。歌唱の前に輪島朝市を支える地元の方々の現在の頑張っている様子のVTRが流れました。VTRを見た水森かおりさんが涙を流しており、そのまま涙の歌唱となりました。水森かおりさんの輪島に対する思いが十分伝わってきました。 


そして番組終盤では今年リリースされた曲ということで、市川由紀乃さんが「ノクターン」、 MAZZELが「Vivid」を歌われました。MAZZELのパフォーマンスかっこよかったですね。



最後はJUN SKY WALKER(S)が「START」を歌われました。30年以上前に発売されたJUN SKY WALKER(S)自身の楽曲ですね。曲の初めから、流れるようなメロディー、そしてギター、ドラム音などが印象に残る楽曲で、いろいろなところでよく流れていた当時のことを思い出します。何か始めるときの不安な気持ちを忘れさせ、奮い立たせて前向きにさせてくれる楽曲ですね。


今日も生の『うたコン』、いろいろな曲を堪能できました。

今日の『うたコン』の出演者及び曲目は以下の通りでした。

「岸壁の母」- 二葉百合子・坂本冬美
「母に捧げるバラード」- 海援隊-
「童神」- 島袋寛子
「糸」- MAZZEL
「おふくろの子守歌」- 五木ひろし
「輪島朝市」- 水森かおり
「ノクターン」- 市川由紀乃
「Vivid」- MAZZEL
「START」- JUN SKY WALKER(S)


今日は本番終了後にアトラクションがあり、水森かおりさんが「三陸挽歌」を歌われました。『ザン ザザザーン』というサビのフレーズがすごく印象に残る楽曲ですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする